美髪のコツ

髪の毛を美しく保つためには、シャンプーをするときにもコツがいります。

ただ髪を洗うというだけでは、キレイに汚れを落とせないし、髪も傷ついてしまうのです。

まず、髪の毛をぬらす前にブラッシングをします。

ワックスなどの整髪料で固まった部分などもつれをとりほぐすことで、頭皮の汚れや皮脂を浮き上がらせることができ、汚れを落としやすくします。

そしてシャンプーをつける前にお湯で髪の毛をすすぎます。
これはしっかりすることをオススメします。

頭皮をマッサージしながらすることで、髪についた整髪料や皮脂や汚れのほとんどを洗い流すことができるのです。

そしてまずは、少量のシャンプーを手で泡立ててから髪の毛になじませます。

次に表示の量のシャンプーを泡立ててしっかりもみほぐしながら広げます。

すすぎは2分以上かけてしっかりすすぎます。

こういったコツでいつもよりしっかりと汚れを落とすことが出来るので、髪の毛を美しく保つことができます。

ちょっとでもいいから若く見られたい

実年齢より、ちょっとでもいいので若く見られたい。やっぱり女性ならば絶対に願う事だよね。
第一印象で実年齢より若く見られて「〇歳ですか?」なんて若く言われたらうれしいよね。

とりあえず私は年相応なので、老けて見られるわけじゃないのでいいにはいいけど・・・
友達とかで、28くらいに見えたのに、実は35才だったとかあってさ、私もそんな感じにみられたいよ。

かといって若作りと思われるのは嫌なので、肌が若若しく見られたい。
歳を重ねると、肌で年齢を見られるようになるよね。
あとは首とか指先とか・・・・・。脱毛サロンで脱毛すれば肌も綺麗になるっていうし、ちょっと興味深いよね。

洋服も多少関係するけど、あまり若い子が着るような服を着ていると「若作りしている」と思われるよね。

あとは歳とると肉が落ちなくなるので、できる限り痩せたい。でもさ、運動しても肉が落ちないんだよね。なんでなんだろう??

個別にマッサージが必要なのかな?あとは食べる量とかも気を付けないといけないよね。

スキンケアも真面目にやっていかないと、肌が悪化する一方だ。
これからの事を考えて、まじめにケアしていきたいと思います。

フェイシャルエステに行って、綺麗になるための努力をしようと思えました

最近は、子育てと家事にバタバタした毎日で、お肌の手入れをきちんとしていなかったので、久しぶりにフェイシャルエステを受けることにしました。

出産後、急にシミが濃くなってきて、くすみも気になり始めたので、美白コースを受けました。

エステサロン(資料/たかの友梨 口コミ)に入ると、エステティシャンの方が笑顔で迎えてくれて、高級感のある優雅な内装でした。ロッカーも個別で用意されていて、貴重品や靴まで入れることができたので安心でした。

フェイシャルエステをしてもらう部屋は個室ではありませんでしたが、落ち着いた内装の部屋で、リラックスできる音楽も流れていたので、緊張せずにエステを受けることができました。

エステを始める前に、エステティシャンの方から丁寧な説明があり、施術前の肌の状態も画像を撮って説明してくれました。

丁寧にメイク落としや洗顔をしてもらった後、小鼻の汚れの吸引や、マッサージ、パックをしてもらい、気持ちよくて寝そうになりました。

終わった後の自分の顔を見て、肌色がワントーン明るくなり、毛穴が小さくなっているのを実感でき驚きました。次の日のメイクのりも良かったです。

プロの方にエステしてもらったことをきっかけに、普段からもうすこし自分の肌のために努力していこうと前向きに思えました。

飲む水の話じゃないですけど・・・

今回の日記は飲む水の話ではありませんけど、水関係ですごくダイエットに良いことを最近はじめまして・・・で、それがまた結構私には効果がありまして・・・なにかといいますと・・・

水泳です。って水泳かいっ!?って突っ込まれそうですね。

かつての私も水泳といえば、ただ、泳ぐだけで、面白くもない・・・水泳って結局ルームランナーと同じで、時間が経つのが苦痛なんじゃないのか・・・??

などというイメージで完全に食わず嫌いでした。しかし、ものは試して人に勧められてやってみたら・・・これが結構よくて・・・

何がいいかといえば、そんなに苦痛ではないのです。

水の中って、綺麗で、静かで・・・そんな非現実的な感じが思いのほか癒し効果があるみたいで・・・水を楽しみながら泳いでいると一時間なんてあっという間に経ってしまうんです^^;

なので、結構続いていて、身体もかなり引き締まってきました。何より、苦痛じゃないってのがありがたいですね。

みなさんも一度、試してみてはいかがでしょう

ダイエットと水

一般的なダイエットの場合ですと・・・やはり、水はダイエットの助けになる・・・と考えることが出来ます。

まず、一般的に痩せたいという場合・・・

  • それなりに脂肪を溜めた身体である
  • 食事(カロリー)の摂取は、普通もしくはそれ以上である

上述の2項目をカバーしているケースがほとんどであるといっても間違いではないと思います。

食事の前に、水を飲めば・・・普段の食事よりも少ない量で満足感を得ることが可能となります。

また、食後にも水を飲めば・・・濃い味付けを結果的に薄めることにも貢献しますし・・・食事で得ることとなってしまう脂肪分を内臓に停滞させることなく、速やかに体外へ排出することの助けにもなります。

主にそういうことから・・・ダイエットに水は貢献をしてくれる。ということがいえるわけですね。

ただ、だからといって水ばかり飲んで食事をしないなんていうのは、やはり健康面からも、リバウンドの危険性の面からもNGですね。まずは、

  • 食前食後の水
  • 口が寂しいときの水

これから水ダイエットを始めるのがいいですね。